自由の森寮生Life
自由の森学園学生寮の公式ブログです。 日々の出来事や学食のメニューを紹介していきます。 主に、毎週火曜日更新しまーす(^0^)/ (不定期に携帯で更新します!)

プロフィール

HP製作委員会

Author:HP製作委員会
自由の森学園生徒寮HP製作委員会が管理するブログです。日々の出来事やその日の学食などを紹介します。
人が増えました。今の所女の子6人、男の子3人、先生1人でやってます。



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



月別アーカイブ



自由の森寮生LifeQRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



Overcoming from the social that not wearing European clothes is naked.

 Orangensaftです。晩夏と秋の雑じる日に左右されつつ、昨日家から帰って来ました。午は暑いくせ夜寒いんだから皆風邪っぽくて、ねぶたやら一々大変です。私自身は既に罹って治ったので大丈夫ですけど、自森じゃこれからが本番ですから、配慮しないといけませんね。
 あれからとうとう門を昨日、列車の揺れのなか読了し、また困しみました。三部作は主人公の人間的成熟を描こうとした作品だったのか知らと思って、様々記憶を辿って曲みました。倫理的な三四郎は自然主義的な新らしい女に苦しめられ、それからの代助でも自然主義を好いとさせるような流れを感じさせますけど、最期の門では倫理に帰着するのに、西洋の切迫を身に感じた著者の自然主義批判を一人見出して、フフ、と発音しました。次は、センセイの仰ったらしい偉大なる著者の作品に手をつける予定です。フフ。過去の文豪の作品の何が好いって手前はそら、文体と純粋文学。近頃フイロソフイの詰った本を見かける機会が少ない所為が、私を過去へ引き摺ります。たいして読んじゃいねえのに偉いこと。ハハ。時代錯誤的な宇宙人さん、タイムトリップさしてくれろ。あわよくばトラヴェルならもっと好い。
 ところで卍(まんじ)って言葉、今日の学生の間で流行っているようですけど、昨日本屋で文庫を見てたら、谷崎潤一郎の本が目に止まったんです。そのタイトル、「卍」。読みもまんじ。思わず笑みを溢しました。買った・読んだこともありませんけど、谷崎の本もいつかしら読んでみたいと思っているから、取っ掛かりに好いかも知れぬと腹で独り言ちました。読みたい本の溢れているのに嬉しさと苦しさの板挟みになって、アンニュイな心持に一寸なって、次、志賀直哉、と着地。本棚には太宰、志賀、高村、田山、吉川、川端、ドストエフスキイ、ニイチエ、デカルト、様々あふれて居ります。殆どが未読。殊勝に為れながら醜悪にメスを入れられる素晴らしさ。暫く覚めそうにありません。フフ。
 純文学小説は書いていてきっと神経衰弱するだろうと思うのです。何時かそんな作品書けたら好ひと密に思ふ。フフ。

 ちょっと、学生らしくないから、学生らしくするために、長くなるけども、書こうかしら笑。
 本日初めて作業に参加しました。ひたすら紙貼りをしていました。高二はぐりとぐらを作ります。隣では高一が海賊船を作って居ます。高三と中学が何をするかは未だ聞いていませんけど、どうなるか、楽しみです。
 後期は、動きながら見つめることに力めようと思います。皆現代化してゆくのに、日本が死してなお滅びんとするのに、懐古主義の癖のある私は動かねばと思うのです。桃李成蹊(但しこの場合、桃李言わずともではない、桃李言わざらばである)。シュジュの言葉のバイブル連れて、いきます。
 ではまた。
スポンサーサイト

*灯夜*

はーーーいこんばんは!トムです。

今日本当はバレーボール大会的なヤツに誘われて、めちゃくちゃいきたいんですよ。
でもどうしてこうしてブログを書いているのかなってところですよね。
例年のごとく私は演劇にいそしんでいるわけなのですが…
今日ついに体調を崩しまして。病院にいってまいりました。
いやはや、驚いた。
別に倒れたわけではないんですけれども。
人生初の救急車、人生初の点滴を経験し、少し経験値があがりましたよ。
昔から精神的なもので、眠るのが苦手なもので。
興奮状態になって眠れない夜と日々戦っているわけなのです。
そんなこんなで眠らない夜と仲良くしていたんですが、ついに今日、ツケがめぐってまいりました。
自分で言うのもなんですが、私は自分のことをタフな人間だと思って生きていたのです。
だから今回こんなことになってしまったのがものすごく悔しいです。
大好きなバレーボールをできなかった恨みは、強く大きいです。
今後私は早く寝ることに努め、イザというときに備えなくてはなりません。
でもやっぱり、自分の最大の敵は自分。
というように、私の敵は私です。
私はこれからも私と仲良くやっていけるように、頑張りたいと思います!
皆々様、応援よろしくお願いします。

  幸アレ。


白い恋人

 Orangensaftです。とうとう門に手を出して、恐れる哲人の男と恐れぬ詩人の女の幕引きを見るのに恐々として読み進めています。今週はあまり時間が取れなかったから、未だ半分ほどです。
 最近特に考えるのは、人間関係に於いて粗雑であるのに自業自得と思いつつ、然し底には鋭敏な仔象にマッチを投げている大衆も居るのです。唯アンテナを畳み静観し呼吸しています。

 もう晩夏終ぞ暮れ、秋の寒しさが透って来ましたけど、丁度それと同じい頃から、大正浪漫に溺れています。文学の与える引力の凄惨なこと、着物で罪悪に困窮して死んで見たいわ、と独り言ちる。先日着物に手を出しました。どうしても着たくって、着物古着屋で買って来ました。帯がひとつに友禅と銘仙、それから道行。相場からするととても安価で済ましたんですけど、矢張り学生の手前には大きい買い物でした。
 今度寮で、着付け教室があるんです。それまでに一通り小物を揃えて臨む心算です。今から楽しみでならなくって、日々メルカリを開いては指を這わして居ます。目付けしていた簪が売れてしまって悲しくなりつつ、充たしてくれろと画面に埋まる日々です。ちゃんと着れるようになるまで文学は若しかしたら歩が遅れるか知ら。兎に角今はそれを支柱に踏ん張っています。
 着物で革命を起こすのです。記憶の忘却と束縛の善罰と罪悪に板挟みって、悲しくもあるか。私の革命は、これからです。

 なにか抽象的になって了って済まない感じですけど、今日は然るべくしてこうなったとお思いください。さやうなら。

アダルト

今日は9月12日天気は雨のち晴れ、虹が綺麗な放課後。
お久しぶりのキュウです。
夏休み明けの足長は髪がカビ色に、ザキザキは身長が伸びました。
私は全体的に見た目を一新しました(自己満)

8月中はバイトや美術展、古着屋、友人と話す。などなど高校生らしく瞬く間に過ぎた1ヶ月でした。
また、京都や佐賀にほとんど弾丸の鈍行の旅にゆきました。
最中は坂口安吾のエッセイと、サイモンとガーファンクルがお供でした。
旅で感じた事はこんなです。
旅先で出会ったお婆ちゃんと2時間くらい話し込みお饅頭を貰ったこと。終着点で駅員さんに切符を見られ「こんなに早く着けるわけがない」とわたしのフットワークを疑われたこと(嬉しくなって自慢になった)。
地元へ帰りその土地の風やたべものの美味しさに感動して、最終日帰りたくなくて泣いたこと。祖父母の優しさや自森の先輩達の余裕のある緩さに尊敬して。あんまり容量以上の自分の感情に良い意味で振り回されてコメカミとか横っ腹とか痛くなったりしたこと。
またとない今に思いを馳せて、「ああ、これが青春か。」と実感したり、また遠目に見て映画のワンシーンみたいに切り取ったりして。
とにかく毎日が濃い。
ラピュタのバルスとかを何回も体験してる気分だった。

そして今はもう笑い話だけど元々考え込む体質で、そのせいで夏休み前は神経ボロボロでなんでもかんでも泣いちゃう!みたいな感じで。
でも行動しなきゃ、いつまでも独りぼっちの思想だけじゃ認められたくても周りは分からないし、いつまで経っても「可哀想な私」のままだと思うんです。

理論や形を積み重ねて生き様を見せるのは綺麗な事です。表現です。たいせつなことです。
でもこの夏を経て私は自分に対して考える前に動け!って思いました。考える地盤はガッチリだから利己的にはならない自信もありました。
ウジウジとどんどん閉鎖的に自分を閉じ込めている間に刻一刻、流行や人は絶えず進化(退化?)しているなと、
沢山の人と会って沢山の事に触れて肌を持って感じたんです。
話が壮大になり過ぎたけど、私は変わり続けたいと思ったんです。


無信頼か知ら、制服って。

 どうも、Orangensaftです。あれから三四郎をちょうど本日読了し、それkら、また困しんで居ます。もどかしい困しみです。
 夏目の時代から、責任回避都心の構築は為されていたのですね。人の流通が多かったからと云うより東へ上京する人が増えたからではないかとふっと思って、アナクロニズムすら無くなって西洋の切迫に亡んだ現代人は、アナクロニズムの社会を若干羨しく思ったり。新しい女の登場のための、詩人になりきれぬ癖のある恐れる男の苦しみが、私をもどかしく困しくするのです。偽善家の詩人と現代的な哲人。手前は自然主義ではなく浪漫主義なのですけど、自然主義への完全なる排除心はありませんから、必竟余裕派ってことになるのか知らん、なんて気障に詩人に為ってみます。ストレイシープ。文学への埋没は素敵ですね。それから、都会では駄目になってしまう人もいるから。
 前回の記事で除霊とか、書いた気がしますね。あれは有事によって収まりました。無意識なる誠実へのセンサーは過敏では無くなった有様で、ひと息吐いています。唯それだけです。
 学園祭、実は実行委員なんです。学年ねぶたの話し合いも少しなら参加してます。寮の企画もつい昨日目処が立って、これから忙しくなります。殊に行事は変えていかねばならぬと日々痛感します。繋がりを煽られた今日では、内輪の怖さを今より以上に酷と考えねばならぬのです。困しむ日々が続きます。昨日など夜半、制服の無意味さの攻撃性に刺されました。本日はとうとう制服を要因に仕立てました。此処まで来たら、いじです。
 生物学的には女だけで子孫を残していけるそうで、女だけの島に住めたら、きっと楽と今日の午後話しました。全然矢張り男は推さない者と云って、悲しくもあるか。私は石に譬えるなら水晶かタイガアアイだそうです。そのうちお茶会でないテイタイムを、優雅に、あわよくばコケテイッシユな皆で行いたいものです。
 ところで私、塾に行くことになりました。所沢のに、次は学力診断テストを受けに行きます。久しい振りのテストです。あたくしテストはあまり嫌いじゃないんですよ。順位付けは一寸ばかし厭ですが。待ち受けるボールドの、白か黒か。どこか、私を惚れさして頂ける教授を見つけなくってはならないですね。それでは。