自由の森寮生Life
自由の森学園学生寮の公式ブログです。 日々の出来事や学食のメニューを紹介していきます。 主に、毎週火曜日更新しまーす(^0^)/ (不定期に携帯で更新します!)

プロフィール

HP製作委員会

Author:HP製作委員会
自由の森学園生徒寮HP製作委員会が管理するブログです。日々の出来事やその日の学食などを紹介します。
人が増えました。今の所女の子6人、男の子3人、先生1人でやってます。



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



月別アーカイブ



自由の森寮生LifeQRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ

こんにちわ
高校男子北寮のサトです

虫が鳴いてます。


スポンサーサイト

日々

こんばんはメタスラです
学園祭がはじまりますね
なんか企画したりなんかやったりしたりするのは
一人では絶対無理なことです
みんなで一緒のものを作ってるってことを忘れないようにしたいです
この学園祭がどうゆうものになるかわからないけど
本番メッチャ楽しくやってるのを北朝鮮、アメリカ、日本の政府を笑わすぐらいになるのものを作りたい。
いきなりこんなこと書くのもなんかすんませんって感じなんですけど
最近というか8月あたりから本当に恐怖が止まりません
もっと前から考えてる人はいるのだろうけど、ミサイルが29に飛んだ時に茨城に俺いたんですけど
サイレンが町中に鳴り響いてそれで起きれたんだけど、どこに逃げ場がなかったから死ぬ覚悟を作らなきゃいけない状況になりました
でもまわりには一緒にいた奴らがいたもんで、どうにか、場所を探さなきゃってなったんですけど
結局わからなくていつの間にかミサイルのサイレンが止んでいました
あ、俺らこれで落っこちていたら死んでたのか
と思ってしまいました
おれは人を守れる力、自分の無力さを実感した
今のおれらぐらいの世代が自分らで考えて行動しなきゃいけない
勉強しないとな

以上また来週はミーティングなので再来週


天気微妙ですね~

どうもこんばんは。ゲーム中毒者です。

とてもとても久しぶりにブログに書き込んでいる気がします。ヽ( ´_`)丿
ついこの前まで夏休みでただひたすらサンバに費やし、夏休み明けも課題に追われてひーひー言っている次第です。
しかも最近は暑かったり寒かったりで大変ですよー

ところで夏休み明けといえばこれからは評価表と学園祭の時期ですね。
学園祭はまだ立ち上がったばかりですが、10月の28,29の土日には本番です(゚∀゚)
今年も月寮は何かしらやるみたいです♡

まぁ、最近は新しい発見も珍事も事件もないのであまり書き込めないのですが、強いて言えば部屋替えが今年もホラゲのシーンに出てきそうなぐらい女子の荷物で埋め尽くされたことぐらいです。みんな服を断捨離したり本を寄付したり工夫して自分の場所に収めたりである意味女子力発揮です。

とまぁ、こんな感じでだらだらしてて申し訳ないのですが、ちょっとやる気が出ないので今日はここまでにします。┐(´-`)┌
アデュー(○´・Д・`)ノ



アダルト

今日は9月12日天気は雨のち晴れ、虹が綺麗な放課後。
お久しぶりのキュウです。
夏休み明けの足長は髪がカビ色に、ザキザキは身長が伸びました。
私は全体的に見た目を一新しました(自己満)

8月中はバイトや美術展、古着屋、友人と話す。などなど高校生らしく瞬く間に過ぎた1ヶ月でした。
また、京都や佐賀にほとんど弾丸の鈍行の旅にゆきました。
最中は坂口安吾のエッセイと、サイモンとガーファンクルがお供でした。
旅で感じた事はこんなです。
旅先で出会ったお婆ちゃんと2時間くらい話し込みお饅頭を貰ったこと。終着点で駅員さんに切符を見られ「こんなに早く着けるわけがない」とわたしのフットワークを疑われたこと(嬉しくなって自慢になった)。
地元へ帰りその土地の風やたべものの美味しさに感動して、最終日帰りたくなくて泣いたこと。祖父母の優しさや自森の先輩達の余裕のある緩さに尊敬して。あんまり容量以上の自分の感情に良い意味で振り回されてコメカミとか横っ腹とか痛くなったりしたこと。
またとない今に思いを馳せて、「ああ、これが青春か。」と実感したり、また遠目に見て映画のワンシーンみたいに切り取ったりして。
とにかく毎日が濃い。
ラピュタのバルスとかを何回も体験してる気分だった。

そして今はもう笑い話だけど元々考え込む体質で、そのせいで夏休み前は神経ボロボロでなんでもかんでも泣いちゃう!みたいな感じで。
でも行動しなきゃ、いつまでも独りぼっちの思想だけじゃ認められたくても周りは分からないし、いつまで経っても「可哀想な私」のままだと思うんです。

理論や形を積み重ねて生き様を見せるのは綺麗な事です。表現です。たいせつなことです。
でもこの夏を経て私は自分に対して考える前に動け!って思いました。考える地盤はガッチリだから利己的にはならない自信もありました。
ウジウジとどんどん閉鎖的に自分を閉じ込めている間に刻一刻、流行や人は絶えず進化(退化?)しているなと、
沢山の人と会って沢山の事に触れて肌を持って感じたんです。
話が壮大になり過ぎたけど、私は変わり続けたいと思ったんです。


無信頼か知ら、制服って。

 どうも、Orangensaftです。あれから三四郎をちょうど本日読了し、それkら、また困しんで居ます。もどかしい困しみです。
 夏目の時代から、責任回避都心の構築は為されていたのですね。人の流通が多かったからと云うより東へ上京する人が増えたからではないかとふっと思って、アナクロニズムすら無くなって西洋の切迫に亡んだ現代人は、アナクロニズムの社会を若干羨しく思ったり。新しい女の登場のための、詩人になりきれぬ癖のある恐れる男の苦しみが、私をもどかしく困しくするのです。偽善家の詩人と現代的な哲人。手前は自然主義ではなく浪漫主義なのですけど、自然主義への完全なる排除心はありませんから、必竟余裕派ってことになるのか知らん、なんて気障に詩人に為ってみます。ストレイシープ。文学への埋没は素敵ですね。それから、都会では駄目になってしまう人もいるから。
 前回の記事で除霊とか、書いた気がしますね。あれは有事によって収まりました。無意識なる誠実へのセンサーは過敏では無くなった有様で、ひと息吐いています。唯それだけです。
 学園祭、実は実行委員なんです。学年ねぶたの話し合いも少しなら参加してます。寮の企画もつい昨日目処が立って、これから忙しくなります。殊に行事は変えていかねばならぬと日々痛感します。繋がりを煽られた今日では、内輪の怖さを今より以上に酷と考えねばならぬのです。困しむ日々が続きます。昨日など夜半、制服の無意味さの攻撃性に刺されました。本日はとうとう制服を要因に仕立てました。此処まで来たら、いじです。
 生物学的には女だけで子孫を残していけるそうで、女だけの島に住めたら、きっと楽と今日の午後話しました。全然矢張り男は推さない者と云って、悲しくもあるか。私は石に譬えるなら水晶かタイガアアイだそうです。そのうちお茶会でないテイタイムを、優雅に、あわよくばコケテイッシユな皆で行いたいものです。
 ところで私、塾に行くことになりました。所沢のに、次は学力診断テストを受けに行きます。久しい振りのテストです。あたくしテストはあまり嫌いじゃないんですよ。順位付けは一寸ばかし厭ですが。待ち受けるボールドの、白か黒か。どこか、私を惚れさして頂ける教授を見つけなくってはならないですね。それでは。

バイト

どうも久しぶりです東寮のメタスラです
最近時間の流れをあっという間だと感じます
もう9月か早いな
俺は夏休みは同じ寮の人に「俺いけないからお前行ってくんね?」と住み込みのバイトに誘われて、暇だったのでその山梨の合宿旅館で働いて来ました

そっちの一緒に働いている人とあんまりうまく喋れなくて
まぁ「働いてるだけ」っていう感じでした
そうなるとそこの仕事場の俺はただのパーツにすぎない。そいう感じになりました。
生甲斐みたいなのが無いと変なことまで考えるようになった。
そしたら、ネットで調べてたら「仕事の楽しみ方」っていうのが出てきて
何かイベントをやってる感覚でいったらいい
っていうのが書いてあった
だから
一緒に働いているこの人たちと一緒のものを作ってるんだ
っていう感じにすればやれっかなぁ、と思ってやったら意外と続いた。
でも俺はそん時思った、
俺は自分に甘過ぎた、人のことばっか疑ったり、憎んできたなと思った。
まず自分を疑う
本当にこれでいいのかと思うことはたまぁにあるんだけど
調子に乗る自分にはこれで今はやっていって行くしかないと思ってます
もっと楽しいことを書きたいんだけど
ミサイルは飛んでくるし、トランプはひどいし、そんなことがあるなか、自分もバカなんで今日はちょっとこういう感じで勘弁してください

でもみんな頑張ってるんで俺も前向きに歩いていこうと思います

今日この辺で
勝手に見なくても見ても結構けっこうこけこっこー

夏を制してないが受験を制する。予定


やっほーーーお久しぶりです^^
月寮の寄生してる方です

夏休み終わってしまった
最後の夏、わたくしバイト三昧でした
車の免許ほしいので、お金を稼がなければ!
ん、気づいたら夏休みおわってますよ
英語の通じない中国人にジンギスカンの食べ方を教えて
石を投げる暴れん坊に釣りを教え続ける夏でした
北海道寒かったし、八月なのにヒーターつけてました
でもみんないい人たちでした
思うんですけど、今わたくしは寮でも学校でも一番上であり
兄弟の中でも一番上なんですが、大人って素晴らしいですね
久しぶりに年上しかいない世界に入って
みなさん、高校生ってだけでいろいろ餌付けしてくれるし
いろんなところ連れてってくれるし
ほんと、ありがとうです

さあ、本題なんですが
やばいです、夏を制していません
バイトばっかやってて、ほんとすいませんママ
いや、ちょっとやばいなーって思って
バイト中に勉強できるように腕にたくさん公式かいて
仕事してたんですけど、お客さんにめっちゃつっこまれて
あ、受験生なんで~( ´∀` )ってやってました
が、そんなんで合格できるほど
世の中甘くないですから
夜のお散歩は1回にして、お勉強します
みなさんさぼってたら、一発殴ってください
ご協力お願いします^^

さいごに、学園祭がもう立ち上がりましたよ
はやいですね~~
実行委員長も決まったみたいで
ここからが自森の体感スピードが二倍速になる時期です
今年も、各寮なにかお店やるんですかね~
たのしみです

では、勉強をやってない時間がなぜか
すごい悪いことしてる気分のような気になるので
またねーーー^^


「曰、行百里者、半於九十九」。

 どうも、Orangensaftです。夏休み明けましたね。皆と再会した時のむず痒さが未だにどこかに残っている感じがあります。
 夏休みは案外充実と退屈が両極振りの日々でした。楽しいときはとことん楽しいですが、暇なときは本当に暇で、スマホを触っていたら一日が終わっていた様な日もあります。自堕落の生活をしていました。自森は課題が少ないぶん、時間を関心のある事柄に使えて好いと思いつつ、いろいろ学校では学ばないことを学びました。
 まず旅をしました。十日間、東京から山形まで、昨年の月寮の卒業生と親族の家を五六件まわり、自らを見つめなおす好い時間でした。フフ。 それから過去の文豪の本にはまりました。初めて夏目漱石の本を読んだのは中学二年の頃で、以来過去の作家の、現代人である手前から見れば少し癖のある文体がとても好きだったのですが、夏休みでその好感が急激に上昇し、すさまじいアトラクションで私を惹き付けて止まなくなりました。「それから」を読み終えた後のくるしさと言ったら! 夏目や太宰に少し前は惹かれていたのですが、芥川や三島由紀夫などの若干の歴史的仮名遣いの混じったのにこの頃は埋没していて、影響され易い私は日記の文字が小説にあるような表記に変わりました。「畢竟君は世の中の為で無く君の為だけに働けと云ふ、かう云ふ事柄に対する処世術と寛容の神経を私は幸福に持つてゐなひんだ。」みたいなね。こんな内容日記に書きやしないけど。
 最近、文豪の作品への熱量が下がる気配を見せないから、一緒に話せるやうな人を探してゐるのだが、矢張り中中見つかるものではないやうです。フフ。一緒に話してくださる人、探しています。夏休み前は卵をくれる人を探していましたが、これからは、文学談義に花を咲かせる様な人を探しています。夏休み中に行きたい大学の学部も定まってきたから、一緒に勉強できる友人も探しています。己も含めいろいろ人を探しています。
 小説のフイロソフイに没し、作り笑いで寄生する霊を反射している私を見かけたら、どうか声をかけてやってください。探しています。
 「或詩人の恐れぬ女より或詩人になりきれなかった哲人の恐れる男へ、0.999....=1を天才と莫迦に置き換えるなら、どちらがどちらと思います、貴方」。それでは。