自由の森寮生Life
自由の森学園学生寮の公式ブログです。 日々の出来事や学食のメニューを紹介していきます。 主に、毎週火曜日更新しまーす(^0^)/ (不定期に携帯で更新します!)

プロフィール

HP製作委員会

Author:HP製作委員会
自由の森学園生徒寮HP製作委員会が管理するブログです。日々の出来事やその日の学食などを紹介します。
人が増えました。今の所女の子6人、男の子3人、先生1人でやってます。



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



月別アーカイブ



自由の森寮生LifeQRコード

QRコード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



アダルト

今日は9月12日天気は雨のち晴れ、虹が綺麗な放課後。
お久しぶりのキュウです。
夏休み明けの足長は髪がカビ色に、ザキザキは身長が伸びました。
私は全体的に見た目を一新しました(自己満)

8月中はバイトや美術展、古着屋、友人と話す。などなど高校生らしく瞬く間に過ぎた1ヶ月でした。
また、京都や佐賀にほとんど弾丸の鈍行の旅にゆきました。
最中は坂口安吾のエッセイと、サイモンとガーファンクルがお供でした。
旅で感じた事はこんなです。
旅先で出会ったお婆ちゃんと2時間くらい話し込みお饅頭を貰ったこと。終着点で駅員さんに切符を見られ「こんなに早く着けるわけがない」とわたしのフットワークを疑われたこと(嬉しくなって自慢になった)。
地元へ帰りその土地の風やたべものの美味しさに感動して、最終日帰りたくなくて泣いたこと。祖父母の優しさや自森の先輩達の余裕のある緩さに尊敬して。あんまり容量以上の自分の感情に良い意味で振り回されてコメカミとか横っ腹とか痛くなったりしたこと。
またとない今に思いを馳せて、「ああ、これが青春か。」と実感したり、また遠目に見て映画のワンシーンみたいに切り取ったりして。
とにかく毎日が濃い。
ラピュタのバルスとかを何回も体験してる気分だった。

そして今はもう笑い話だけど元々考え込む体質で、そのせいで夏休み前は神経ボロボロでなんでもかんでも泣いちゃう!みたいな感じで。
でも行動しなきゃ、いつまでも独りぼっちの思想だけじゃ認められたくても周りは分からないし、いつまで経っても「可哀想な私」のままだと思うんです。

理論や形を積み重ねて生き様を見せるのは綺麗な事です。表現です。たいせつなことです。
でもこの夏を経て私は自分に対して考える前に動け!って思いました。考える地盤はガッチリだから利己的にはならない自信もありました。
ウジウジとどんどん閉鎖的に自分を閉じ込めている間に刻一刻、流行や人は絶えず進化(退化?)しているなと、
沢山の人と会って沢山の事に触れて肌を持って感じたんです。
話が壮大になり過ぎたけど、私は変わり続けたいと思ったんです。
スポンサーサイト